別れさせ工作がやりづらい相手とは

夫が会社の部下と不倫をしているという噂を聞いた。浮気調査をして確かめてほしい。もし噂が事実なのであれば、別れさせ工作を行ってほしい」「妻の様子が、浮気をしている女性の様子にピッタリと当てはまる。非常に怪しいので、是非とも調査してほしい。もし浮気をしているようだったら、別れさせたい。」「友人の彼氏のギャンブル癖がひどい。毎日働かずにギャンブルに明け暮れ、彼女である友人にお金をせびっているらしい。このままでは友人が心配なので、何とかして別れさせたい。」「娘が付き合っている男が、暴力団関係者のようだ。娘に危害が加えられないうちに、何とかして別れさせたい。危険だとは思うが、絶対に身バレしないようにしてほしい。」など、別れさせ屋のもとには非常に多様な別れさせ工作の依頼が来ます。

別れさせ屋には法律の専門家や心理学、男女関係などの知識に長けた人材がいることが多いので、どのような難しい依頼に対しても、それなりの準備をして結果を出すことができます。別れさせ屋は、世間のイメージ以上に優秀な人が集まっている場所なのです。(高級取りが多いので、それが別れさせ屋の料金にも影響しています。)

しかし、そんな別れさせ屋にとっても別れさせ工作がやりづらい相手というのが存在します。

別れさせ屋の商売が人間相手のものである以上、それは仕方ないことなのかもしれません。別れさせ屋がどれだけの努力を重ねようとも、失敗するときは失敗するものなのです。大切なのは、その失敗を生かして、次に繋げることなのではないでしょうか。

同じ失敗を2回以上繰り返してしまうと、どこの世界でも信用されなくなってしまいます。

今回は、具体的にどのような相手の場合に、別れさせ工作をやりづらいのかについてお話ししていきます。今回お話しすることはあくまでも傾向の話なので、「私の依頼しようとしている人
ピッタリ当てはまる」と思っても諦めることなく、お気軽に別れさせ屋に浮気調査や別れさせ工作の依頼をしてみてください。

別れさせ屋にとって、引きこもりがちの対象者は仕事がしづらい。

別れさせ屋にとって、対象者が引きこもりがちの人物である場合、非常に仕事がしづらくなります。

別れさせ屋にとって、対象者が引きこもりがちの人物である場合、非常に仕事がしづらくなります。

精神的に病んでいる、もしくは仕事の都合上外出をあまりしないという人が対象者である場合、工作員は接触をすることが非常に難しくなります。道で偶然ぶつかる、目の前で物を落として拾わせる、書店で同じ本を手にとる。などの手段が使えなくなることにより、対象者と知り合うハードルが一気に上がります。かといって対象者の家にあがりこんでは、不審者扱いをされてしまいます。

こういった場合、別れさせ屋の工作員は、対象者の隣人を装い、お裾分けをしに来たなどといって何とか対象者と接近し、親密な関係を築こうとします。

このように、なすすべがないわけではないのですが、大分強引な別れさせ方になってしまうので、対象者が家に引きこもっていると、別れさせ屋の工作員は苦労するものなのです。その分、別れさせ屋への依頼料金が高くなることもあります。

別れさせ屋は、対象者が警戒心の強い人物の場合、仕事がしづらい

別れさせ屋にとって、工作員に対して心を開いてもらわなければ別れさせ工作が成功することはないので、警戒心が強くて心をなかなか開いてくれない対象者と言うのは手強い存在なのです。

別れさせ屋にとって、警戒心の強い対象者は天敵です。工作員に対して心を開いてもらわなければ別れさせ工作が成功することはないので、警戒心が強くて心をなかなか開いてくれない対象者と言うのは手強い存在なのです。

特に、警察関係者や探偵業を営んでいる人間が対象者であった場合は大変です。彼らは仕事上別れさせ屋の手口を熟知しているので、工作員が近づいてきたときも、疑ってかかってくることがあるのです。このように、別れさせ屋の手口を知っている人間が相手の場合は、工作員の古典的な出会いの手口は使えません。今までになかったような斬新な手口で対象者に接近し、別れさせ工作を進めていかなければならないのです。斬新で今までになかった接近方法を考えるのも一苦労ですし、今までに実践されてこなかったレベルのアイディアを、警察官や探偵という勘が鋭い人たちの前で初披露するというのも手にあせ握るものです。とにかく、対象者が警察官や探偵の場合、終始普通の別れさせ工作は行われずに、最終的には非常に特殊な別れさせ方が要求されます。

このような相手が対象者の場合は、手間隙がかかり、工作員のリスクも高くなることから、料金がやや高くなることもあるようです。それは仕方のないことだと割りきるのが大切かもしれません。

別れさせ方をどれだけ工夫しても、どうしてもうまくいかない対象者というのはいるものです。別れさせ屋の仕事は、そのときできる別れさせ方で最高のパフォーマンスを出すことです。安くない依頼料金をもらっている以上は、お客様の期待に応えるのが私達の仕事です。たとえ一般的には成功率が低いと言われている対象者相手でも、決して屈しない別れさせ屋を選び、別れるにしろ復縁するにしろ幸せな人生を送っていただけましたら、幸いです。

別れさせ屋にとって、仕事がしづらい対象者の特徴があります。
まず、引きこもりがちの対象者の場合、工作員が自然な形で接近するのが難しいということが挙げられます。また、対象者の警戒心が強い場合も厄介です。特に警察官や探偵が対象者の場合には、今までにない斬新な方法を用いなければ、怪しまれてしまうことがあります。

最近の投稿

別れさせ屋が語るダメンズと別れる方法